広報担当のMegumiです。

2月12日(日)スピリチュアルティーチャー覚醒プログラム第二期2回目の講習がありました。

前回から1週間後の今回は、受講生皆さん口を揃え「目まぐるしい1週間でしたぁ~!」とのご感想が。

たった7日間だったのに、濃い~7日間を過ごされたそうです。ある方は、1ヶ月に匹敵する経験をされたとか(驚)。

2回目になると、東京組・京都組との境はなくなり、皆さん同期受講生として和気あいあいとしていましたが、

講習が始まると、きりっと真剣モードに一転しました。

 

今回は、綾さんの「“ヒーリング”の概念、“ヒーリング”自体を変えたい!」との熱い想いから

『LOVING』を作られたいきさつが語られ、

Freedom Destinyのライトワーカーとしての質・基準等の説明から始まりました。

 

スピリチュアルティーチャーとして教える(伝える)方法、“ティーチャーとしての実情”が

綾さんから語られたり、今回の叡智タイムは、『平等』『所有』についてのお話。

皆さん、とても熱心に聴かれていました。

①2.12

既にカウンセリングスキルをお持ちの皆さまであるからこそ ではありますが、

「傾聴がしっかり出来ている!」と実感した私でした。

また、絵本を用いて、ティーチャーとしての在り方の教えがあるのですが、視覚的に入ることにより、

皆さん、スムーズに吸い込むように習得できていたように感じました。

 

今回は、何回かトランスによる疑似体験を通じての学びが組み込まれました。

ペアを組み、「悲しみ・絶望・焦り・恨み・憎しみ・怒り」のいずれかをトランスされた人(聞き手)に対し、

自分にとってのテーマを話すという内容。

この体験により、語るということの方法・語りによって癒す方法を体得されたようです。

 

最後に、『信じること。信じぬくこと。信念。貫く。』について、各々の話をする時間が設けられました。

全ての方のお話はお載せできないのですが、ある方は、「信じる=愛」であること。

またある方は、絶望の体験の中でも生き抜いた話により「信じぬいたことで光を見せた」。

ある方は、最終的に人生そのものの道を感じさせる「ないんだけれど、ある(信じる)」という話。

またある方は、「自分を信じる」こと。

一人一人にお話しいただくことによって、

それぞれが貴重な存在であり、ただそのままを語ることがオリジナルであるということ。

それぞれの宇宙が、全ての宇宙を作りだしている。どれもが尊い。

と感じることができた貴重な時間でした。

②2.12

今回は、トランス体験が数回組み込まれた内容にもなった為、受講生の皆さんは、前回以上に消耗されたのではないでしょうか(笑)それでも、涙あり、笑いあり。皆さん、十二分に充実したお顔でお帰りになりました。

さて、この1週間はどのような気づきや変化が起こるのでしょう。受講生皆さんのご感想も楽しみです。