フリーダムディスティニー・スタッフのライトワーカーYoshitakaです。

 

2019年6月28日〜30日の3日間。

『スピリチュアルティーチャー覚醒プログラム』が開催されました。

その2日目のご報告です。

 

この日はまずはじめに、昨日の振り返りです。

自分のプロセスを確認するために振り返りは大事です。

 

・スピリチュアルティーチャーについて感じたこと

・自分の真実を語ることをやってみてどう感じたか

それぞれが、昨日一日で感じたことをシェアして行きます。

 

自分の真実を語ることによって、自分の中にあったけれど見えていなかったものが見えたり。

現実に起こっていることの見方が変わったり。自分の中で変化や気付きが起こっていたようです。

そして、それは他の方のお話しを聞くことによっても起こっていて。全体性ということも感じていらっしゃいました。

 

あやさんからは、

「自分の真実を語ることによって、自分の真実が確立することによって、他者のことがありのままに見られます。それがあることが大事です。みなさんに起こっていたプロセスは、感謝と統合と愛だと感じました。」

というお話しがありました。

参加者のみなさまもこのプログラムで起こっているプロセスを確認することが出来たようです。

 

そして、次はあやさんから

「創造について、現実創造のメカニズムについて」のお話しです。

002

 

スピリチュアルティーチャーとして、クライアントさんの幸せを達成するために大切なお話しです。

その人が達成したいことに共に望むことによってその人だけの創造では無くなります。

自分一人では自身を持てなかったり、プロセスがあまり進まなかったりします。

スピリチュアルティーチャーが圧倒的な愛によって望むことによってミラクルが起こります。

確実に進むということが起こります。
創造のメカニズムの説明を聞くことによってそのプロセスを理解します。

そして、それを自然に行えるように伝授して下さっています。

 

私も長年、あやさんのサポート(セッション)を受けて進んできました。

自分ひとりでは達成出来なかったことが、あやさんのサポートのおかげで達成してきました。

それがあったからこそ、今私はここにいるのだなと思うのでした。

その根底にはいつも圧倒的な愛がありました。

ということをお話しを聞きながら再確認させていただきました。

 

午前の部はここまでです。

ランチ休憩になりました。

ランチはみなさん一緒に出かけます。

ランチ中の何気ない雑談の中にも気付きがあったりします。

そして、同期の絆も深まって行くようです。
みなさんの表情がとてもキラキラしていて素敵でした。

 

午後の部は「語る」ことから始まりました。

テーマは、
『信じるということ』
『信じ抜くということ』

 

ひとりひとり「信じる」ということについて語って行きます。

それぞれ歩んで来た人生も経験も違います。

それによって同じテーマで語っていても、そこに繋がるものが、

正義であったり、愛であったり、人間関係であったりします。

やはりここでも同じ話になることはありません。

しかし、それでもそれぞれの真実があるということを感じられます。

 

「語る」ということをした後に、それぞれのお話しにあやさんの解説が入ります。

その解説を聞くことによって、自分の本質や特質に気付いて行きます。

聞く人の気付きになると同時に、より自分を知るということが起こります。

 

続いての「語り」のテーマは、

『コントロールと支配』
『支配・コントロールからの脱却』

これはディープなテーマですね。

 

ここでもそれぞれが語り、あやさんの解説がありました。

内容についての解説と同時に、スピリチュアルティーチャーの語りについて、

そのテクニックについても解説して下さいます。

例えば、

・道を示す

・コントラストを出す

・答えを置く

・問いかけをして考えさせる

などがあります。語る人たちはテクニックについて考えていなくても、

自然とそのような語りが出来るように能力が伝授されています。

 

そして、同じテーマであやさんの語りを聞かせていただきます。

お手本と言えばお手本ですが、いつものあやさんの語りとも言えます。

あやさんはいつもティーチャーとしての語りをしていたのだと実感出来ます。

それを聞かせていただくことによって、自分たちも自分のスタイルでティーチャーの語りが

出来ているということも感じられたのではないかと思います。

 

続いての「語り」のテーマは、


『自分にとっての答えを生きる』
『美しく生きる』です。

 

この辺りになると、みなさん語ることに慣れてきて、

自然と自由な語りが出来るようになっています。

明るいテーマなので、希望や強さを感じられるお話しが多かったです。

 

スタッフとして同席しながら、

スピリチュアルティーチャーのみなさまのお話しを聞かせていただきました。

その姿を見ていると美しさと力強さを感じました。

日に日に魅力的に進化しているのを感じました。

 

最後に、あやさんからここまでを総括してお話しがありました。

今重要なことについてのお話しです。

アセンションが進むことによって起こっていること。

これから先どのようになって行くのか?

そういうことを捉えた上でスピリチュアルティーチャーはどう生きて行くのか。

それを様々な角度から懇切丁寧にお話し下さいました。

 

これは、私も圧倒されるくらいダイナミックで濃い内容のお話しでした。

講演会などでは伝えきれないような、スピリチュアルティーチャー覚醒プログラムならではのお話しです。

それを受け取るだけの資質のある人たちが集まっているのだと思います。

 

全てをここに書くのは難しいのですが、主な項目を上げてみますと

・真実からムーブメントへの転換

・どう生きる、どう生きて行くか

・創造の生き方

・破壊と創造

・二元性から一元性への回帰

・インディゴからレインボーへ

・世界と私

・今、アセンションで必要なこと

・愛であるかどうか

などなど。

 

スピリチュアルティーチャーに必要なことを漏らさず全てを伝えるあやさんに、

やはり圧倒的な愛を感じました。

 

2日目も、終わってみると一日とは思えなような濃い内容でした。

みなさまも疲れているようですが、充実感も感じていただけているようです。

 

あと一日、最終日も頑張りましょう!

 

スピリチュアルティーチャー覚醒プログラム3日目に続く。