こんにちは!Freedom Destiny事務局 兼 秘書のKAORIです。
HPをいつもご覧頂き、ありがとうございます。

今回も前回に引き続き、広報担当のMegumiさんが

自身のライトワーカー活動で大阪に出張中のため
代理で記事を書かせて頂きます。

どうぞよろしくお願いいたします♪

 

8月19日(土)初級コース2日目

 

講習スタート早々、Ayaさんから「この8月8日~22日の間

“一人一人の選択が特に重要となる時期”に差し掛かっている」こと、

そして「今まで自分の中で放置していた、見ないようにしてきた自分の側面や

問題に着手せざるを得ない流れに向かっている」こと、

「個々が我慢や制御が出来なくなってきているため、

その人そのままがより露わになりやすい」との重要なお話がありました。

 

この大切な時期だけに、Ayaさんは8日から22日まで毎日

「世界開き4 陰陽師 月の舞 魂の誓願覚醒 一斉イベント」を

無料で受付していましたし、22日は「リーブスの世界開き 4」の一環として、

皆既日食のあるアメリカのポートランド(スピラボ 堂脇貴史さん)と

日本の富士山(Ayaさん)で、急きょ二カ国から世界を繋ぐイベントを行いました。

 

 

この日も全体的に、実際にAyaさんが行っているワーク説明や

ライトワーカーとしての実践編の講義が中心でした。

 

また、定期でスーパービジョンを受ける重要性や

実際に仕事を始めた際のクライアントさんとの関係性、

そして自分では出来ない範囲があることを知っている確かさなどが語られました。

 

 

Ayaさんの講習は(何度も言いますが)とても内容がディープです。

 

聴いていると“あぁ、それ私の事だ!”や“そんな経験してきたことある!”など

閃きや導き、そして対処へのヒントをたくさん与えてもらえます。

 

 

例えば、次元とエネルギーの説明では…

 

〈Ayaさん〉「私たちは、言葉に発してなくてもエネルギー同士でやり合っていますよ~。

皆さん、大丈夫ですか?ずっと溜め込んでいると、熟成された漬物みたいに

ドロッとしたものになるから気を付けて下さいね♪言いたいことは言った方が良いですよ~。」

 

“使命は自分自身の課題が大きく掛かっているので、自分自身を受け止めることが出来にくい”

という、ちょっとわたしからするとテンションが下がってしまうような説明では…

 

〈Ayaさん〉「自分の使命は、ある時期が来たら(実力や能力を上げたら)

世界のあらゆるところから詰め寄られ始めるから安心して過ごしていればいいです♪

もがいているうちに諦めて来るから、大丈夫ですよぉ(^^♪使命ってそんな感じ!」

 

と、可愛くフォローして下さったりするので、楽しく学ぶことが出来ます。

 

 

 

また、Ayaさんが提唱する“進化するヒーリング LOVING”での説明では、

 

数年前に起こった空前の癒しブーム以後、世間一般の

ヒーリングに対するイメージが弱くなってきたことを例に挙げ、

 

「直ぐに元に戻ってしまう依存的なものではなく、

エネルギーの作り方が全く異なる 質の良い、

また受けた人が本当に変容できるヒーリングを提供したい」

 

また、ワーカーさん本人が自信が無くとも

「ここで提供しているLOVINGは依存させるものではないので、

皆さん安心して提供してください」と話されました。

 

 

ヒーリングは目に見えないものですし、

私も正直Ayaさんと出逢う前は(超三次元ニンゲンだったので)

全く信用しておりませんでした。

 

ですが…“進化するヒーリング LOVING”は本当に、

しかもご自身が向かいたい方向へ変容してしまいますよ!

 

 

 

講習の最後には、Ayaさん集大成のワークである

“フリーダムディスティニー”について単発講習さながらの大変詳しい内容が語られました。

 

“フリーダムディスティニー”は、親子,兄弟などの根源的な人間関係の設定を変えるワークです。

 

人間関係は、家族との関係に大きく影響しています。

 

両親や兄弟と上手く関係性が築けなかった人は、その後の社会生活で

友人やパートナーと同じような状況を作りやすくなります。

 

「自分で設定した人間関係をクリアにし、自由に人と交わることが出来る」

 

これが、“フリーダムディスティニー”です。

 

 

Ayaさんがこのワークを構築した際の経緯をこのように説明してくれました。

 

「当時、母との関係性が世界との関係性とイコールとなってしまい、

うんざりしていました。両親や世界を憎んでいる人向けのワークが無く、

どんどんクライアントさん本人が不幸せな環境を作ってしまい、

何もできずに無力感を感じていました。

そんな時、親子関係の糸が見えるようになり、こんがらがった糸を直すと、

その人の憎しみや恨みが無くなり、残ったものは愛しかありませんでした。」

 

 

その後、いくつかの実例パターンを紹介しながら、ワーク説明が行われました。

 

流石ワーカーさんぞろいの会です!!

 

 

最後にAyaさんからはこのようなメッセージで締めくくられました。

 

“ありとあらゆる人間関係の設定を変えられる”

 

“もう一度生き直す”

 

 

“愛しか残らない”

 

 

いよいよ次回は初級コース最終日です!お楽しみに♪

IMG_7243 2日目