広報担当の Megumiです。

11月12日(日)『Flower of life スピリチュアルティーチャー覚醒プログラム』第4期が開催されました。

受講生さんは、10名。

皆さん、ワクワクドキドキの幕開けとなりました。
 

先ず、Aya さんから、

『ライトワーカー育成プログラム~上級コース~』を卒業した場(エネルギー)

についてのお話がありました。

・エネルギーが整っている場/整っていない場の違いや、好き嫌いの次元ではない楽さを感じること。

・日々日々整え続けている人たちのエネルギー状態を感じることは指針になること。

・それらを、自覚して取り組むことが大切である。

と述べられました。
 

ティーチャー覚醒プログラムは、「自己確立を徹底的にさせる」というプログラム内容。

“真実の自分“に押し進めることを得意とされている Aya さんならではのカリキュラムです。

他者から見た自分をほとんどの人が、得られず、投影で生きているのだそうです。

投影がかかっている人からの言葉は、真実の自分ではないので、癒されることがなく、

「真実の自分に覚醒している者(いかに投影を断っているか)からの指導は、時に、真実であることで

苦しいけれど、真実であれば傷つかない。」とお教えくださいました。
 

このプログラムでは、霊的指導者(スピリチュアルティーチャー)として覚醒する為、

『ライトワーカー育成プログラム』のように、エネルギーワークを伝授するということがありません。

Aya さんがお話をされながら、開き続けるということが行われるのです。

Aya さんのスピリチュアルティーチャーとしての能力が、そのまま、まるごと伝授されます。

驚きですよね!Aya さんの過去生における霊的指導者としての経験や叡智、それらも全部です。

更に驚きなのは、Aya さんの能力が高まる毎に、伝授された能力も随時自動更新され、

Aya さんが生きている限りずっと、能力が上がり続けるという点です!

また、霊的指導者としての活動を確固させる環境ワークも入っていて、活動できる状態に、

どんどん整っていくのです。不思議ですよぉ(笑)奇跡がどんどん起きてきますから♪

環境ワークは、正に“宇宙の祝福”です。
 

「どう思われようが、やりたいこと、自分自身のソレをやっていれば、だんだん世界が変わる」と述べられ、

Aya さんが常々心がけている“橋をかける”について語ってくださいました。

既存でないものを実行する時は、ムーブメントが起こるのだそうです。

「周りがどう言おうと、言い続けると、世界が根負けする。

これだけは絶対やらなきゃ!と思うものを信じて貫き、

細かくライン引きをして、丁寧に観てあげることが重要。」とお教えくださり、

下記をご説明くださいました。

・自分が選び取った宇宙を発展させていくこと。

・指導者の言いなりにならないこと。但し、自分のバランスが取れていても、スーパービジョンは必要。

・自分のどこかで「やれる」と知っていることは、やり続けること。

・貫いて生きている在り様によって、覚醒させること。自分らしく生きていい。
 

次に、『経験』の重要性と、このプログラムができるまでのいきさつを語られ、

「苦しかったことも悲しかったことも、財産。」とお教えくださいました。

覚醒のプロセス(以下①~④)を全力で行うことで、より深淵なる自分へと進めるのだそうです。

① 自分が何者かわからない。

② わたしはこれだ!(自己確立)

③ わたしはこれだ!を表現する。やりつくしていく。

④ 何もなくなる。=唯一あるものは『愛』だけになる。

「何もなくなる」とは、生きているから、やることが入ってきて、生きているから、世界から求められる状態。

「生きるとは、生きていること自体を、生きている」と述べられ、深~く頷く私でした。
 

参考資料による解説では

●私たちはいつも、目の前に自分しか現しておらず、自分と他者と分離の時に、傲慢になる。

●本当に何もなくなった時には、全てを与えている時。必ず豊かにしかならない。

●騙し合ったり、奪い合うから、握りしめ争いが起こり、得ることに対しての信頼がない状態。

と説かれ、スピリチュアルティーチャーの在り方(貫く姿勢)をお教えくださいました。
 

人がどう思おうと知ったこっちゃない。

損の極みとも言えるが、信じ通すこと(私はこちらを選ぶ)で、世界が創れるのだそうです。

もっと絆と絆で生きられるようになり、愛し合えるのだそうです。

「損で回るのは勇気がいることだけれど、それをやり切るのが、

スピリチュアルティーチャーやスピリチュアルリーダーである。

自分が信じた、心を開いたことには変わらない。たとえ傷ついても、とにかくひたすらやる。」

と熱く語ってくださいました。
 

『スピリチュアルティーチャー覚醒プログラム』は、自分の真実を語れるようになるプログラムでもある為、

テーマを設け、受講生さんに語っていただく時間が与えられます。

スピリチュアルティーチャーの語りとは、

通常の人が語る「聞いてもらいたい」や「賛同を得たい」「同意してもらう、共鳴したい」とは全く別物で、

ただ相手の為だけに語る(自分が話したいことではない)のです。

自分にとって意味がないことを語る。

目の前の人に、引き出されている語りしかしないのです。

導く者が、目に前にいるからこそ語るという行為になるのですが、

① スピリチュアルティーチャー自身が降り立つこと。

② 自分の真実を語ること。

③ 自分の知らないことを語ること。

上記3点を重要な要素として、それぞれ解説してくださいました。
 

スピリチュアルティーチャーは、話していたことが、自分の学びとなる場合があります。

また、達成感はありません。

「えっ?」と疑われる方もいらっしゃるかもしれませんが、事実です!

「なんで、こんなんでよかったの!?」とか「なんでこんな話しちゃったの?」と、

ティーチャー自身が思ってしまうこともしばしば。

セッション中に話していることは、全て、相手が求めていることだけなのです。

その為、相手に気づきが勝手に起こります。

「ほんとー?」と聞こえてきそうですが、本当です。
 

今回は、《許すということ・許し》と《嫌う・嫌われる勇気》について語りタイムとなりました。

皆さんが語るそれぞれの真実は、正しい/正しくないではありません。

立体的で、とても美しいです。

Aya さんが「「間違っているのではないか」という思いが、表現を堰き止めてしまう。」

と教えてくださいました。正にですよね!
 

また、本プログラムでは、賛美能力も伝授されます。

賛美とは、“わたしはわたしで素晴らしく、あなたはあなたで素晴らしい”と思えること。

賛美できると、闘わなくなるのだそうです。

人は、それぞれいろいろな側面を持ち合わせていて、スポットライトが“個“であると例えられました。

優劣は全くなく、個に立てば立つほど、球体になるのだそうです。

皆さんの語りのシェアが、立体的で美しい理由をおわかりいただけましたね。
 

「求められることで、ティーチャーが活きる。

求められることで、存在することができるのが、ティーチャーである。」と説かれ、

「『愛』を発動する機会を与えていただいている。という想いであれば、傲慢にはならない。

やってやっている。という想いでは、もらうことができない。」とお教えくださいました。

与えるとは、光を発動することであり、

与えることにより、もらえる(受け取れる)ということになるのだそうです。

バランスの重要性も語ってくださいました。
 

最後は、<真のリーダーとは>として、リーダーが嫌われる理由や、

これからのリーダーとしての在り方が語られ、初回は終了となりました。
 

さすがに凄い!と実感したティーチャー講習。

前半から膨大な Aya さんの『愛』にすっかりやられ。止めどなくなく溢れる涙、嗚咽寸前(笑)

堪えるのに必死な私でした。

ティーチャー講習の情報量の多さは、半端なく濃い内容だったにも関わらず、

冒頭で Aya さんが仰っていた“整った場”であることから、 『ライトワーカー育成プログラム』で感じた

重さがなく、スムーズに講習が終了したのには驚きました。

来週は、中日 2 日目。どんな1日となることでしょう。楽しみです。

171112