広報担当のMegumiです。

3月21日(火)『ライトワーカー育成プログラム~初級・平日コース~』最終日が開催されました。

この日は、3連休・春分明けで、朝から重いエネルギーに社会全体が包まれていました。

抵抗のエネルギーは凄かったそうです。それは、春分という一大イベントを終え、

達成感や高揚感が発生した後に必ず発生する喪失感と、新たなステージを目標としたことにより

新たに生まれた不安感や恐れによるものだったそうです。

 

最終日を迎えた今回、同じように恐れによる抵抗があり、

「世の中の波に揺らされるのではなく、逆風が吹いている時に、元気ではないとライトワーカーは

仕事ができない。自己確立できていると、波に翻弄されなくなる。」と、

『恐れ』に関しての講義から始まりました。

「恐れを100%失くそうとする人がいるけれど、チャレンジや未知には必ず恐れが発生するもの。」

「恐れが無ければ、勇気も湧かない。勇気は当たり前の時には、起こらない。」

覚醒は未知だから恐れが発生するとのお話があり、

『恐れを抱いてしまったことへの罪悪感を解放するワーク』が掛けられました。

恐れること自体に、恐れることを止める!

恐れている自分ごと受容する。受容しきってから、対峙すると、どこまでも落ちることがなくなる。

と、説かれました。

 

ゲームを例に挙げ、「1面が、実は、一番難しい」とのお話です。

果てしない程の信じる・信じないがテーマとなっているため、1回達成すると、揺るぎなさが確立し、

謎の自信(根拠のない、本当の自信)が出てくるようになる、とのこと。

故に、難しそうに思える2面・3面は、イージーモードで進むことができるようになる、と

分かりやすく説明されていました。

私、深く頷いておりました。正に仰る通りだからです。「それ体験してきました~!」です(笑)

 

「進むことに時間がかかっていると感じている方は、スピードを提供すると良い。」と

Ayaさんのキーワードでもある『転じる』ことの重要性が説かれ、今感じている感情もギフトである。

と、コントロールに対する『解放ワーク』が掛けられました。

 

覚醒・サイキックに関する「恐れ」。

自分にはないと思っている、違うと思っているから怖いのだそうです。

得られると理解できるようになるから、怖くなくなる。正にですね!

サイキック能力が怖いのではなく、分からないから怖い。とお話されていましたが、

この事は、全てにおいて当てはまることだと思いながら、聴いておりました。

 

ライトワーカーとしてのサポート方法や、効果的なセッション方法のお話をされながら、

そのためには、

①自立できるようになること

②自分が力を身に着けること

光と闇を観ながら、責任を取ることの大切さ

どんな自分も受け留めることの重要性、が説かれました。

 

全てがそうである訳ではありませんが、Ayaさんの講習において、眠くなる・混濁する状態に陥る時は、

マインドが抵抗しているからだそうです。

そのように教えていただけると、ハッ!として、今の自分を知ることができますよね。

その自分も、どんな自分もまるごと受け留める。世界に宣言することで、進む。のだそうです。

 

カウンセリングスキル講習では、エンパシックコネクションが開かれ、

皆さん『無条件の愛』を送ることができるヒーラーさんになりました。

カウンセラーとしての必須項目である“相手の気持ちがわかる”共感力も、同時に身に着いたのです。

これにより、自然と相手の気持ちがわかるので、解ろうとするエネルギーがいらなくなるのです。

このカウンセリングスキルは、本当に素晴らしいツールです。

受講した当時、カウンセラーとして何年も勉強してきた私にとっては、ショックでした。

聴くこと(ヒヤリングスキル)、相手が話せるように話すこと(トークスキル)に関して、

トレーナーとしても10年以上教えてきたけれど、誰もが習得できるスキルではなかったからです。

また、このカウンセリングスキルは、“感じる”カウンセリングに重点が置かれていて、

勝手に個性的なカウンセリングができるようになる仕組みとなっているのですから、驚きです。

「目の前の相手は、たった一人のその人。すごく誠実に感じることが大事。」とのAyaさんの言葉に、

一期一会の精神、Ayaさんの誠実さと愛を感じ、胸が熱くなりました。

 

世間一般で講習と言われているものは、ツールを得るものとの認識だと思います。

私も初級を受ける前には、「何を得られるのだろう」と、何かが外付けされた自分しか

想像していませんでした。鎧に新アイテムを装備みたいな(笑)

Ayaさんの講習は、そうではありません。

本来の自分に戻るのですから、今まで身に着けていた重い鎧を脱ぐことになります。

それには、もちろん抵抗が生まれ、焦りも生じ、今まで隠し通してきた自分・装ってきた自分と

向き合うことになります。タブーとして押し殺してきた様々な自分を見せられることは、自分にとって、

感じたことがない程の屈辱を味わうことになるかもしれません。

でもそれは、本当の自分、真実の自分への扉が開いたことなのです。

Ayaさんの講習を受けた方は、形は違えど、皆このプロセスを通っています。

だから「自分だけ」はありません。恥ずかしいことなんか、一つもありません。苦悩もあるでしょう。

でもその姿は、美しさを伴っているのだと、私は感じております。

 

受講生の皆さん、お疲れさまでした。

皆さんが輝かれていかれる(生まれ変わる)時に立ち会えたこと、私にとっても喜びでした。

ありがとうございました。

また上級でお会いできることを楽しみにしております。

 

今まで「変わりたい」「幸せになりたい」と願ってはいても、実現できなかった方々、諦めかけている方々、

誤魔化しや偽りの自分を解き放ち、幸せになりましょう!

Ayaさんの絶大なる愛の中で、真の自分を知ることができるのは、祝福の何ものでもありません。

あなたは、壮大で美しく、完璧です。それを思い出す旅。

船に乗り、個性を輝かせ、共に愛を広げていきましょう。

0321